メーカーの過当競争の産物

メーカーや問屋などの中には、業績不振で倒産したり、廃業に追い込まれるものがある。

長期化する不況下の経済状況は、そういうケースを今後も多く生むであろう。

倒産会社は、少しでも現金がほしいわけだから、条件はゆるやかである。

情報を早くキャッチした方が勝つ。

その情報はどうすれば入ってくるか。

とりあえずいえるのは、各地方の裁判所や地裁支部で行なわれる「競売」の情報なら、いつでも知ることができる。

もちろん誰でも競売に参加することができるし、捨て値でセリ落とすことが可能だ。

また、倒産の予測情報を早く知ろうとするのなら、企業リサーチ会社と契約したらよい。

いわゆる興信所である。

代表的な企業リサーチ会社としては、次のようなところがある。

これらの会社では、定期的に企業情報を掲載した機関紙を発行しているので、それを購読すればよい。

購読料はかなり高いが、やり方によっては充分元がとれる。

竹内秀樹

このブログ記事について

このページは、-が2016年5月12日 13:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いかに安く仕入れるのか・・・竹内秀樹」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10