安さの証拠品

顧客が他店との値段の比較をしたりすることも多いので、「安さの証拠品」として、これを生かすことも考えられよう。

健康食品ブームに伴って、さまざまな種類のナチュラル・フーズが商品化されているようだが、朝鮮人参やローヤル・ゼリー、それに各種のビタミン入り錠剤、カルシウム剤なども、5パーセント以下で取引きされている。

定価の方がもともと高く設定されているといってしまえばそれまでだが、安いことは間違いない。

二流品ではあるがキズ・パンドも安いし、またよく売れる商品である。

仕入れは5パーセントが下限になっている。

竹内秀樹

このブログ記事について

このページは、-が2016年5月 6日 13:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「飲食店の店内装飾品・・・竹内秀樹」です。

次のブログ記事は「いかに安く仕入れるのか・・・竹内秀樹」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10