飲食店の店内装飾品・・・竹内秀樹

飲食店の店内装飾品などに一時は非常によく売れたもので、小判を額に入れて壁にかけるように瓢作られたものなどは、定価の5パーセントか、あるいはそれ以下で取引きされている。

エンジン・オイルトなども5パーセントは無理としても、かなり安いことは事実である。

メーカー品のスキンもよく出廻る商品のひとつだが、10パーセント以下、7パーセントから8パーセントでなら取引き可能である。

ディスカウント・ショップの人気商品のひとつであろう。

雑貨品では、若干流行遅れ気味のおもちゃ類も安い。

おもちゃ類はある日突然パッタリと売れなくなったりするので、安いからといっても仕入れは慎重を要するが、目玉商品として利用しやすいものである。

竹内秀樹

このブログ記事について

このページは、-が2016年5月 3日 13:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「定価の10パーセント以下も充分あり得る」です。

次のブログ記事は「安さの証拠品」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10