定価の10パーセント以下も充分あり得る

すなわち、よいものはダウンの比率が高いが、二級品の場合フェザーの混合率が高く、肌ざわりがやや落ちる。

こうしたある程度の商品知識が必要なことは、当然であろう。

下請けメーカーが製作したブランドものとまったく同じ商品を、ブランドを付けずに、別の商品名をつけているケースもよくあることである。

聞いたことのないメーカーだからといって、粗悪品と決めつけることはできないわけだ。

たとえばボールペンや万年筆、あるいは時計、それにゴルフクラブにもそういう例はある。

よく売れる商品としては、カセットテープなどもあり、若い人々には人気のある商品である。

竹内秀樹

このブログ記事について

このページは、-が2016年4月30日 13:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いくらでも安くできる仕入れ価格・・・竹内秀樹」です。

次のブログ記事は「飲食店の店内装飾品・・・竹内秀樹」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10