いままでの概念ではありえなかったおもしろい品物

システムフロッピーと文書フロッピーを一枚にしたものはできないかなど、素人が考えても、チェックリストにしたがってチェックしていけば、生産コストの問題はあるが、ワープロの仕様についての注文は、まだまだいろいろといくらでも出てくる。

平面にしたら、立体にしたら、固くしたら、柔らかくしたら、二倍にしたら、結合したら、分割したら、男用、女用、子ども用、老人用にしたら、動物にしたら、機械にしたら......と、自分なりのチェックポイソトをリストにしておいて、そのリストのとおりに一つひとつチェックしてみるのである。

こうすると、いままでの概念ではありえなかったおもしろい品物がいろいろと出てくる。

「白い黒板」などは現実に商品化されているし、「冷たい天ぷら」も、アイスクリームの天ぷらなどとして、料理屋のメニューに加えられ、珍しがられている。

竹内秀樹

このブログ記事について

このページは、-が2015年6月27日 17:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自分の責任・・・竹内秀樹」です。

次のブログ記事は「組織が持つ潜在的問題点・・・竹内秀樹」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10